ARAMAHOW[アラマホウのハーブ化粧品]

  • ホーム
  • お問い合せ
  • 会社概要
  • サイトマップ

使用方法

無駄に化粧品を使用しないことで 安全、安心、安定の「三つの安」を実現

まず、最初に認識を変えていただくために、アラマホウのクレンジング(ウォッシング)は、従来のシャンプー・リンスとは違い、泡で洗うということではありません。
従来のシャンプーには多種多様の界面活性剤が使われており、それらの泡で汚れを落とす仕組みです。

一般のシャンプーには、増粘剤や発泡剤、洗浄剤が数多く調合されており、界面活性剤の塊とも云える物で構成され、有効成分が混ざっていても破壊的な洗浄力で洗い流され、細かい危険分子 だけが皮下浸透をします。

よって、必要以上に皮脂分を落とし、肌のバリケードを壊すために、その応急処置としてリンスというシリコン剤や油分を使った合成保護膜が不可欠なのです。この洗浄力と合成保護膜に対して、表皮(肌)センサーが危険信号をキャッチし、表皮(肌)を守ろうと皮脂分を多く分泌することになります。これは、ごく自然な人の肌センサーの働きに過ぎません。

その仕組みこそが、安全な洗浄とケアのヒントになり、これらの危険性を回避することを目的としたものが、アラマホウの洗浄とケアです。

洗 護 潤

  • クレンジングについて
  • トリートメントについて
  • スキンケアについて
お問い合せ
S.D.Sは、シャンプーの常識を打ち破ったシャンプー希釈溶液です。従来のシャンプー・リンスは、界面活性剤の塊と言っても過言ではありません。この合成界面活性剤の破壊的洗浄力は、即物性、鉱物性を問わず同じです。長年使用する事で経皮毒として体内に取り込まれ、その後遺症は20年後、30年後に現れます。近年、アトピーや小児がん、奇形児、無精子症など、子供や若者にも増えています。
この様なシャンプー、リンスの危険性を回避するためにも、しゃんぷーを安全なな物に変えて、リンスを使用しない洗髪環境を作り、自然なキューティクルを蘇らせる事を目的として開発しました。ARAMAHOW®での洗髪で、手荒れや傷んだ髪の毛を健やかに育て、肌のトラブルや抜け毛を減らす事を目的としています。

クレンジング

ンプー、マクリストファイン、 マクリストウィーク

1.頭と頭皮を濡らします

洗面器にぬるま湯を溜め、そのぬるま湯に両手を浸し、濡らした両手で手櫛の要領で頭皮と髪の毛を濡らします。若しくは、シャワーををサッと通す程度に濡らせます。
*濡らし過ぎに注意して下さい。

2.THINPOOを吹きかけます

湿らした髪の毛をかき分けるようにして、THINPOO(シンプー)を頭皮に吹きかけます。
前頭部、頭頂部、後頭部、側頭部に適量をかけた後、頭皮全体にマッサージを施します。頭皮のマッサージで注意する事は、指先を立てないで掌の先と掌全体で揉みあげるるようにマッサージを施してクレンジングして下さい。
*この段階で、一度シャワーで軽く流してください。

3.MC RESTでマッサージ

S.D.S(シャンプー希釈溶液 3に対して、お手持ちのシャンプー 1の比率で混ぜ合わせます。混ぜ合わせる時に、別の容器で混ぜ合わせておきます。便利なのは百円ショップで販売されている透明のポンプ式ボトルです。まず、ボトルに400mLの水をいれてマークを付け、更に130mLの水を入れてシャンプーの量の位置をマークします。マークを付けた箇所に透明テープを貼っておくと消えません。
マークを入れた透明ボトルの400mLの位置までS.D.Sを入れます。その後に、これまで使用されていたシャンップーを130mLの位置までいれて、ポンプで容器を綴じて良く混ざるまでシェイクして下さい。
お手持ちのシャンプーの界面活性剤によって、以下のような状態になりますが、どのタイプも危険度はかなり下がった状態ですので、普通にシャンプーして下さい。
@ 界面活性剤の危険度の高いものは粘度は変わりません。若干ですが、S.D.Sの粘度よりは柔らかくなります。
A 界面活性剤の危険度が中くらいのものは粘度が少なくなり、少々ですがシャブシャブの状態になります。
B 界面活性剤の危険度が比較的に低いものは、サラサラの部分と粘度のある部分とに分離します。
*これらの状態に変化しますが、それぞれの危険度が下がり、刺激も少なくなっていますので、顔や体も洗うことが可能になります。
*液体のボディソープをしようされている方は、S.D.Sをを混ぜて危険度を回避するか、S.D.Sを混ぜたシャンプーで体を洗ってください。

トリートメントも兼ねたヘッドパック

リストパック

4.REST*PACでマッサージ

TRIPRECURE(トリプリキュア)は、髪の毛を洗った後、タオルドライをした後に使用します。使用する量は、髪の毛が短めの人で「2」プッシュ!長めの人で「3〜4」プッシュして下さい。手に取り出して手櫛の要領で頭皮・頭髪に延ばします。同時に、顔にも押さえるように延ばしてください。

合成成分を一切使用しない、植物エキスが100%成分を調合することで、トリートメント効果に優れたスキンケアローションが出来ました。増粘剤にグアーガムを使用しています。グアーガムは、インド原産のマメ科(グアー)の種子から得られる水溶性植物繊維であり、関与成分として特定保健用商品として許可されています。化粧品の増粘剤として使うことで、肌への低刺激を可能にし、植物エキスの肌への作用を高める役割を果たします。また、この増粘剤は肌に膜を作ることで、無駄な皮膚の分泌をおさえ、テカリも抑えます。

特に界面活性剤の影響で起きる皮膚トラブル(炎症、脂漏性湿疹)などの症状を抑え、本来の修復力を高める手助けにもなります。肌・頭皮・頭髪のキューティクルにも良い影響を与え、頭髪本来の艶を蘇らせます。シャンプー後のリンスやコンディショナーにとリートメント効果は皆無で、一般のトリートメントとして使用されているもの全てが、合成成分やオイルでコーティングをして言葉は悪いですが、ぼろ隠し状態となっています。トリプリキュアは、植物エキスを主原料とし、自然の力を活かしたトリートメント効果を発揮します。云わば、植物の光合成を最大に活かしたトリートメントです。

rescure
トリプリキュアは、洗い流さないトリートメントとして洗髪、洗髪後に使用することで、植物の自然の保護膜で肌や髪の毛のキューティクルを優しく包み、守ってくれます。その保護膜は、頭髪にコシと弾力を与えます。
それを実感するのが、朝起床時の頭髪の状態の安定により、寝癖が付きにくく、手入れが楽になっている事で確認できます。また、洗顔時に肌のしっとり感を手で確認できます。合成成分を使用した製品との違いを実感していただけます。
個人差はありますが、一回の使用量が少ないので2〜3ヶ月はもちます。
page top

スキンケア

バランスキン、トリプリキュア、ディフセル

5.BARANSKIN/TRIPRECURE/DEF*CELでマッサージ

BALANSKIN(バランスキン)は、ホホバオイルをベースとして、温州ミカンの油分とエキス、コノテガシワ油分とエキスが混ざったもので、ホホバオイルをキャリアオイルとしたスキンケアオイルです。長時間の熟成をしたケアオイルは、酸化還元による肌の修復力を高めています。その有効成分は、2,000年の歴史を持つアロマセラピー療法を参考にしていますが、それ以上のものが完成度を持つのがバランスキンです。
ニキビ、吹き出物、湿疹、かぶれ、水虫・タムシ、デリケートゾーンの痒み、洗剤などによる手荒れ、あかぎれなどのはだトラブルに有効です。また、肝斑などの顔シミにも有効で、シミの部分を中心にバランスキンでマッサージを施し、湿らせたタオルをレンジで温め、患部を温めてください。

ARAMASKIN(アラマスキン)は、トリプリキュアとバランスキンを調合し、クリーム状にしたものです。トリプリキュアやバランスキンの効果を更に高めるために出来たもので、有効性と持続性を持たせるためのクリームです。
アラマスキンの使用方法は、特に肌荒れや肌トラブルが激しい場合に、バランスキンを塗布後にアラマスキンを塗って仕上げてください。
全て、天然の植物エキスを原料としており、低刺激です。その為、口に入っても全く害も無く、冬場の赤ちゃんの頬っぺたのカサツキにも有効で安全なクリームです。
女性の場合は、ナイトクリームとして、朝には化粧下地落としてお使いください。リップクリームとしても使用可能で、市販のリップクリームより安全で長持ちします。

rescure
バランスキン、アラマスキンは、特に職業柄で手荒れが酷い美容師さん、家事をこなす主婦の皆さんの手荒れの悩みの為に開発しました。様々な職業で、手荒れでこまっている人には,使ってほしい優れものです。
バランスキンは濃縮されているため、滴下させるのに出が悪いのですが、ほんの少し待てば落ちてきます。また、ホホバオイルをベースとしているため、冬など室内温度が10℃を切ると凍結しますので、体温かお湯で温めてご使用ください。
  • 会社案内
  • お問い合せ
  • ページトップへ